恒星間ボトルメール

Interstellar Message in a Bottle

医学ヤマのヤマ その2【広く浅く臨床医学⑤】

医学ヤマのヤマの第二弾として23項目をお届けします。

f:id:emrdkn:20211217145740p:plain
doctor


医学ヤマのヤマ その2

  1. Bishopスコアは子宮頸部の成熟度を5項目で評価する。13点満点。
  2. 髄膜炎の髄液所見。糖と細胞数・種類に注目。
    • 細菌性:好中球増加。糖減少。
    • ウイルス性:リンパ球増加。
    • 結核性:リンパ球増加。糖減少。
  3. カテコラミンの生合成。
  4. 医師法』第5章(業務)に、診療録の記載及び保存(第24条)・無診察治療の禁止(第20条)・応召の義務(第19条)・異状死体の届出(第21条)。
  5. カルテの医療機関外への持ち出しは禁止。診療情報提供書。
  6. C1:軸椎。C2:環椎。C7:隆椎。
  7. 静脈血採血。針を入れるとき皮膚を軽く引っ張る。
    • 駆血帯を静脈下流(中枢側)につけて血を集めてから針を入れる。駆血帯を外して血を逃してから針を外す。
  8. 前立腺癌では、直腸診・PSA検査→生検(経直腸的超音波ガイド下生検)
    • 直腸診で石様硬。
  9. 角膜内皮だけ再生能がない。角膜上皮には痛覚がある。
  10. Helicobacter pyloriに感染した胃粘膜は萎縮する。萎縮性胃炎。
  11. 死亡診断書(死体検案書)
    • 内因死(1)
    • 外因死(2~11)
      • 不慮の外因死(事故など)(2~8)
      • その他及び不詳の外因死(9~11)
        • 9:自殺
        • 10:他殺
        • 11:その他及び不詳の外因
    • 不詳の死(内因死か外因死か不明)(12)
  12. 視路は、網膜→視神経→視交叉→視索外側膝状体→視放線→一次視覚野
    • 頭頂葉(上)経由の視放線は視野の下半分の情報が通る
    • 側頭葉(下)経由の視放線は視野の上半分の情報が通る。
    • 左上四分盲の場合、右側頭葉経由の視放線が障害されている。
  13. 副腎皮質ステロイド薬の禁忌は、糖尿病。
    • 副作用で糖尿病を誘発・悪化させる。
  14. 脾腫をきたす主な疾患は、造血器腫瘍、溶血性貧血、門脈圧亢進症、感染症
  15. 乳児期は1歳未満。1歳以降は幼児期。発達評価。
  16. クレアチニンリアランスの計算。日から分への単位変換に注意。
  17. ホモシスチン尿症では、メチオニンシステインに変換される過程が障害されるため、メチオニンが蓄積。
  18. 第一前方後頭位(ノーマル)。左拳を使って考える。
    • 第1回旋では小泉門が先進する。顎を引く。小斜径。
    • 第2回旋では母体正面から見て、児の背中が見える。
    • 第3回旋。首を反らせる。
    • 第4回旋。横を向く。
  19. 『医療法』には「医療の啓発」が含まれる。
  20. CREST症候群(限局皮膚硬化型強皮症の亜型)は抗セントロメア抗体。
  21. 死斑は死後30分で発現する。
  22. 前立腺肥大症(BPH)の検査は、直腸指診、腹部エコー、PSA測定、尿流測定、残尿測定など。
  23. 牛乳と比べて、母乳には乳糖と不飽和脂肪酸が多い。ビタミンKは少ない。

emrdkn.hatenablog.com