恒星間ボトルメール

Interstellar Message in a Bottle

内分泌疾患まとめ【広く浅く臨床医学②】

内分泌疾患についてまとめる。

内分泌疾患まとめ

  • 視床下部-下垂体疾患
    • 下垂体前葉疾患
      • 下垂体腺腫
        • 先端巨大症/下垂体性巨人症[GH ↑]
        • 高プロラクチン血症[PRL ↑]
        • Cushing病[ACTH ↑]
      • 下垂体前葉機能低下症
        • 汎下垂体機能低下症
        • 成長ホルモン分泌不全性低身長症[GH ↓]
    • 下垂体後葉疾患
      • 尿崩症
        • 中枢性尿崩症[ADH分泌 ↓]
        • 腎性尿崩症[ADH反応性 ↓]
      • SIADHバソプレシン分泌過剰症)[ADH ↑]
    • 下垂体炎症性疾患
      • 原発性下垂体炎
        • リンパ球性下垂体炎
      • 二次性下垂体炎
        • IgG4関連下垂体炎
  • 甲状腺疾患
  • 副甲状腺疾患
  • 副腎皮質疾患
    • 副腎皮質ホルモン過剰
    • 副腎皮質機能低下症
      • 原発性副腎皮質機能低下症
        • Addison病[アルドステロン ↑・コルチゾール ↑・アンドロゲン ↓・ACTH ↑]
      • 続発性副腎皮質機能低下症
    • 先天性副腎皮質過形成
      • 21-水酸化酵素欠損症[アルドステロン ↓・コルチゾール ↓・アンドロゲン ↑・ACTH ↑
  • 副腎髄質疾患
    • 褐色細胞腫・パラガングリオーマ(PPGL)[カテコールアミン ↑]
  • 神経内分泌腫瘍(NEN)
    • 膵神経内分泌腫瘍(PanNEN)
      • インスリノーマ
      • ガストリノーマ
    • 多発性内分泌腫瘍症(MEN)

f:id:emrdkn:20211213174633p:plain
thyroid

重要疾患13選とその主な症状

以下に、内分泌領域で重要な13疾患とその症状を挙げる。☆マークをつけた疾患は特に重要である。

  • 下垂体腺腫
    • 先端巨大症
      • 下顎の突出
    • 高プロラクチン血症
    • Cushing病
      • コルチゾール過剰で満月様顔貌・中心性肥満・野牛肩・赤色皮膚線条・皮膚の菲薄化・高血圧
      • アンドロゲン過剰で月経異常・多毛・座瘡
  • 尿崩症
    • 多尿
  • SIADH
    • 低Na血症・倦怠感
  • ☆Basedow病
    • Merseburg三徴(びまん性甲状腺腫・眼球突出・頻脈)
  • 甲状腺機能低下症
    • 代謝低下症状と粘液水腫症状(非圧痕性浮腫)
  • 副甲状腺機能亢進症
    • 高Ca血症・低P血症・悪心・病的骨折
  • 副甲状腺機能低下症
    • 低Ca血症・高P血症・テタニー症状・全身けいれん・大脳基底核石灰化
  • ☆Cushing症候群
    • コルチゾール過剰で満月様顔貌・中心性肥満・野牛肩・赤色皮膚線条・皮膚の菲薄化・高血圧
    • アンドロゲン過剰で月経異常・多毛・座瘡
    • ACTH過剰で色素沈着
  • 原発性アルドステロン症
    • 高血圧・低K血症
  • ☆Addison病
    • ACTH過剰で色素沈着
    • 体重減少
  • 先天性副腎皮質過形成
    • コルチゾール産生低下に伴うACTH過剰。副腎過形成をきたす。
    • 21-水酸化酵素欠損症
      • アンドロゲン過剰により、女児で男性化症状、男児で思春期早発症状
  • 甲状腺腫瘍
    • 乳頭癌・濾胞癌・髄様癌は無自覚orしこり自覚
    • 未分化癌は急速に増大する結節。予後は極めて不良。
    • リンパ腫は比較的急速な甲状腺腫大
  • ☆褐色細胞腫

ADHは抗利尿ホルモンであり、尿のストッパーとしてはたらくので分泌低下により多尿となり、分泌過剰では体内に水分が貯留する。

まとめ

下垂体前葉、下垂体後葉、甲状腺副甲状腺、副腎皮質、副腎髄質のそれぞれで様々な内分泌疾患が生じる。各内分泌疾患は、ホルモンの分泌過剰、分泌低下、反応性低下などの病態分類で整理できる。

参考資料