恒星間ボトルメール

Interstellar Message in a Bottle

世界遺産検定2級

 1ヶ月ほど前に世界遺産検定2級なる検定を受け合格しました。今日はこの検定に向けて行った勉強時間などをここに記します。

 世界遺産検定は4級から1級まであります。4級から2級までは誰でも受験資格がありますが、1級は2級合格者のみが受験可能です。私はもともと世界地理が好きなので最初から2級に挑戦することにしました。2級の試験範囲は全部で1100個ほどある世界遺産のうち300個ほどです。とはいえ300個すべてを覚える必要は全くありませんでした。

 使用した教材は『世界遺産検定2級公式テキスト』と『世界遺産検定公式問題集1・2級』です。勉強開始日は8月中旬、受験日は9月中旬でした。

 対策としてはじめに行ったのは過去問を1年分解くことです。どんなことが問われるかを最初に過去問で把握してから足りないことを勉強していくという流れが鉄板ですね。このときの点数は100点中30点台だったような気がします。そこから1か月かけて過去問を解いて復習をしたり、公式テキストを読み込んだりしました。公式問題集にかけた総勉強時間は4時間40分、公式テキストにかけた総勉強時間は11時間でした。合計で16時間弱の勉強時間で世界遺産検定の本番に望みました。

 CBT受験を選択したので当日はCBT受験のセンターに行きPC画面の前に座ってマウスでポチポチ試験を解き進めました。すべての問題に解答し終え、えいやっと提出ボタンを押すと合格の文字が見えました。よっしゃ! 帰る際に受付の可愛いお姉さんから結果レポートを受け取りました。

 次は世界遺産検定1級を目指して対策をします。