恒星間ボトルメール

Interstellar Message in a Bottle

70_ART & CULTURE

「まんがで読破」Kindle版全53巻を時代・地域別にまとめてみた

世界の名著をまんがで楽しめる「まんがで読破」シリーズはKindle Unlimitedで全巻読み放題である。 今回、本シリーズKindle版の全53作品を時代別、地域別に整理した。 結果 整理結果を次の図で示す。 CHART 雑感 作品が集中しているのは20世紀前半の日本で、…

絶対読むべき面白い漫画8選【ジャンルは色々】

自信を持っておすすめできる漫画8選です。 ジャンルはスポーツから歴史、麻雀、フィクション、経済、少女漫画までと様々です。 大和和紀『あさきゆめみし』(講談社) 『源氏物語』を少女漫画として描き直した作品。作者は『はいからさんが通る』でも知られ…

朝ドラ「ちむどんどん」ダイジェストを一気見!

OKINAWA 沖縄の本土返還返還50周年を記念して朝ドラで沖縄を舞台にした「ちむどんどん」が放送されています。主演は沖縄出身の黒島結菜。 時代は1972年の本土返還前後。上京したばかりの女の子、暢子が料理人を目指して日々奮闘します。 視聴は今からでも遅…

文学って難しい? ううん、そんなことないよ!

文学には難しくとっつきにくいイメージがある。しかし、文学はアニメや漫画、ラノベ、映画、ドラマ、演劇と同列のカルチャーに過ぎない。 たとえば英文学の名作とされるオースティン『高慢と偏見』は一言で言えばラノベのラブコメである。 夏目漱石『三四郎…

サントリー美術館「北斎展」に行って気付いた北斎のスゴい所

THE GREAT WAVE 大英博物館北斎展 六本木・サントリー美術館で「大英博物館北斎展」が6月12日まで開催されています。 こちらに4月某日行ってきました。葛飾北斎の「富嶽三十六景」や「諸国名橋奇覧」を観賞できました。 \開幕しました!/#大英博物館北斎展…

【180分で読める】有島武郎『惜みなく愛は奪う』(1920)

有島武郎の評論『惜みなく愛は奪う』を青空文庫で読みました。 XHTMLファイルのサイズは232,437バイト(226KB)です。 Androidアプリ「青空文庫ビューア Ad」のページには分量が「約3時間31分」と表示されていました。 どのように分量を計算しているのか不明…

青空文庫を読み漁る【暇つぶし✕文学観賞】

A girl reading a book 青空文庫は、著作権が切れた作品を無料で読むことができるネット上の図書館です。 スマホで読む場合はアプリを使うのが便利です。 Androidスマホではこちらの青空文庫ビューア Adが人気です。 news.mynavi.jp 読んだ作品 夏目漱石『三…

【100分で読める】村上春樹デビュー作『風の歌を聴け』(1979)

最近、ストップウォッチで時間を計りながら小説を読むのにはまっています。無粋だと分かっていますが。 今まで時間を気にせず小説を読んできたので、一作品を読むのにどれぐらいかかるのか気になっています。 先日は村上春樹『ドライブ・マイ・カー』を読む…

21_21 DESIGN SIGHTで開催中『2121年 Futures In-Sight』展に行ってきた

4月某日、六本木・東京ミッドタウン内の展示施設「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の『2121年 Futures In-Sight』展に行ってきました。 www.2121designsight.jp 展覧会ディレクターは雑誌『WIRED』(ワイアード)日本版編集長の松島倫明です。 #2121年展 本日1…

小説『ドライブ・マイ・カー』は30分で読める

六本木蔦屋書店でスタバのドリップコーヒーを飲みながら、村上春樹『女のいない男たち』収載の短編小説『ドライブ・マイ・カー』を読みました。 books.bunshun.jp 文庫本なら『女のいない男たち』は748円(税込)で手に入ります。一方、ドリップコーヒーのTa…

リニューアルオープンの国立西洋美術館に行ってきた

今月9日にリニュアールオープンした東京・上野の国立西洋美術館に行ってきました。 【国立西洋美術館リニューアルオープン】国立西洋美術館は約1年半の休館期間を経て、本日4月9日(土)にリニューアルオープンいたしました。本日は20時まで開館いたします(…

2020年1月期以降に見た連続ドラマまとめ

2020年1月期~2022年1月期までに見た連続ドラマをまとめた。さらに、2022年4月期に見る予定の「悪女(わる)」もリストに付け加えた。 なお、面白さは執筆者の完全なる主観である。 年 月 ドラマタイトル メインキャスト ジャンル 局 面白さ 2020 1 知らなく…

キングダム28巻から34巻を読みました

漫画喫茶やヤンジャンアプリで『キングダム』28巻から34巻を読みました。 ynjn.jp 33巻までは「合従軍編」が、34巻以降は成蟜の反乱が描かれる 合従軍編は長く、途中で誰の軍が誰の軍と戦っているのかも分からなくなり半ばうんざりしてきましたが、ついに決…

漫画「キングダム」22巻~27巻を読みました

漫画喫茶で「キングダム」22~27巻を読みました。 内容は合従軍が秦を攻めてきたあたりです。 ajar.hatenablog.com ajar.hatenablog.com アニメ編のキャラクター紹介 関連 世界の歴史マップ『戦国時代(中国)』 戦国の七雄は秦・趙・魏・韓・燕・斉・楚です…

漫画「キングダム」13巻~21巻を読みました

今日は漫画喫茶で「キングダム」の第13巻から第21巻まで9巻を読みました。 First Emperor 以下に各巻の内容と読むのにかかった時間をまとめました。合計で309分だったので、1巻あたりの平均所要時間は34分20秒でした。 なお、各巻の所要時間にはトイレ休憩な…

漫画『キングダム』を12巻まで読みました

First Emperor 漫画喫茶で『キングダム』数巻を一気読みしてきました。1巻当たりの所要時間をストップウォッチで計ってみると約25分でした。1時間で2~3巻を読める計算になります。たとえば漫画喫茶に4時間滞在したとすると、約10巻を読めることになります。…

キングダム

キングダムは週刊ヤングジャンプで連載中の中国・春秋戦国時代を舞台とした歴史漫画です。主人公は始皇帝(名は政、紀元前259~紀元前210年)です。 First Emperor 政(始皇帝)が秦王として中国全土を史上初めて統一するまでを描く大河物語です。 2006年に連…

『寄生獣』

講談社のマガポケアプリで岩明均の『寄生獣』を読んでいます。 pocket.shonenmagazine.com afternoon.kodansha.co.jp 今回は漫画の『寄生獣』とその映画版を紹介します。 漫画『寄生獣』 『寄生獣』は30年ほど前に講談社『月間アフタヌーン』 で連載されてい…

VOCA展2022@上野の森美術館で張小船が気になりました

VOCA展2022 東京・上野の森美術館でコンテンポラリーアートの展覧会、「VOCA展2022」が開催されていました。 張小舟,Boat Zhang 出品作品の中で張小舟(Boat Zhang)さんの作品が気になりました。彼女は変わったパフォーマンスをしてそれに関連した作品を制…

フェルメール展@東京都美術館に行ってきた

フェルメール展 東京上野の東京都美術館で開催されている「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」に行ってきた。 #タラ夫 さんが『#フェルメールと17世紀オランダ絵画展』に来てくれましたよ✨ぼく、#キューピッドさん がご案内〜。《#窓辺で手紙を読む女》を…

テニス漫画『ベイビーステップ』を読んでいます

Tennis 講談社の「マガポケ」アプリで漫画『ベイビーステップ』を読んでいます。 『ベイビーステップ』は勝木光によって描かれた全47巻のテニス漫画です。 優等生の高校生 丸尾がテニスと出会って練習に打ち込み、プロを目指してライバルたちと熱い試合を繰…

【恋愛映画を観るシリーズ】「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2016)

(本記事にネタバレはありません。ご安心ください。) 映画 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」、通称「ぼく明日」は2016年のクリスマスシーズンに公開された映画です。 KOMATSU NANA (https://natalie.mu/eiga/pp/bokuasu-movieより引用) 20歳の美大生…

ハレ婚。

ハレ婚。 島崎遥香が主演するドラマ『ハレ婚。』が現在(2022年1月期)、ABCテレビで放送されている。 キャストとストーリー 一夫多妻婚が特別に許可された地域で、龍之介(稲葉友)とその3人の妻、ゆず(柳ゆり菜)、まどか(浅川梨奈1)、小春(島崎遥香)…

『夜と霧』

『夜と霧』とは 『夜と霧』は、オーストリア出身のユダヤ人精神科医ヴィクトール・E・フランクル(Viktor E. Frankl)が自身の強制収容所体験を綴ったノンフィクションである。 夜と霧 池田香代子(1948-)による2002年発行の新訳と、霜山徳爾(1919-2009)…

印象派のお勉強

「印象派・光の系譜」 painter 東京・丸の内の三菱一号美術館で「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 ―モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」が開催されている。 mimt.jp 今回は、展覧会名に含まれているモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガンを中心に、印…

円城塔サイン本をゲットしました

こんにちは。今日は、円城塔『Boy's Surface』の文庫版(早川書房、2011年)のサイン本をゲットしました。古書店で、定価は620円(税抜)のところ1000円(税込)で購入することができました。 サイン こちらが表紙にマジックで書かれたサインです。円城塔氏…

「Freud」(円城塔『Self-Reference ENGINE』より)

今回は円城塔『Self-Reference ENGINE』(早川書房、2010年)に収載されている短編「Freud」を取り上げる。 www.hayakawa-online.co.jp 話の始まりは、亡くなった父方の祖母の家を解体したところ、床下から22体のフロイトが出てきたことである。本作を一言で…

自然界~不可視のからくり箱~

今回は、円城塔のSF小説『Self-Reference ENGINE』(早川書房、2010年)に収載されている短編「Box」を取り上げる。本作は、主人公の家に代々伝わる奇妙な箱から連想して、自然科学の営みについての思索に辿り着く、味わい深い作品である。 主人公の家には奇…

きれいなほしをみて ひとりぼっちでさみしくなったりしてるときに

読書の秋ということで,読書をテーマとした新書を読みました.読んだのは,齋藤孝『ネット断ち』(青春出版社,2019年)です.副題は「毎日の「つながらない1時間」が知性を育む」です.本書の主張は,ずっとSNSで誰かとつながっているではなく,毎日少なく…

おひとり様ライティング

田中泰延著『読みたいことを、書けばいい。」(ダイヤモンド社,2019年)を読んだ.筆者の主張はタイトルに詰まっている.かいつまむと以下の通りである.自分が読みたいけどどこにもない文章を自分で書けばいい.文章のターゲットを誰に設定するか考えるよ…